毛穴 つまり 黒ずみ

毛穴のつまりや黒ずみ解消おすすめのスキンケア

毛穴の開き・黒ずみ・角栓などの改善

 

 

毛穴の開き・黒ずみ・角栓などの改善には、基礎化粧品の選び方がとても重要になります。
 
肌の悩みは人それぞれですが、あなたも「毛穴のトラブル」の悩みを何とかしたいと思っていませんか?

 

 

鼻の角栓を洗顔やクレンジングで除去しても、すぐに、再び角栓が表れてきます。毛穴の黒ずみが目立ち、外出もあまりしたくないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

鼻の角栓には、『白い角栓』『黒い角栓』と2種類症状がありますが、黒い角栓は、長いこと毛穴に放置された皮脂が酸化したもので、原因はどちらも同じです。

 

「毛穴のトラブル」と言っても、その状態や原因などはさまざまですね。

 

■とにかく毛穴を目立たなくしたい!
■あなたは毛穴の悩みが増えていませんか?
■それなりの毛穴ケアをしていても、小鼻の黒ずみが目立つ。
■いろいろな方法を試してみても、少しすると元の状態に戻ってしまう。
■スキンケア商品を多く使用しますと、肌荒れしてあまり使えない。
■歳とともに鼻の周りの毛穴の開きができて、とても気になってきた。
■毛穴ケアのクレンジングっていろいろあるけど症状がひどくなった。

 

あなたは最近上記のような症状が気になっていませんか?

 

 

毛穴にまつわるお肌トラブルは、多くの女性が悩んでいるお肌トラブルです。

 

 

どのようなトラブルが多いかといえば、毛穴のつまり、開き、黒ずみ、肌のきめの粗さが目立つなどが多いようです。本来閉じているはずの毛穴が、スキンケアや肌管理を誤ると、肌細胞が痩せ、次第に毛穴が開いていきます。

 

 

キメも粗くなり、開いた毛穴には、皮脂が詰まり、汚れが付きやすくなります。汚れが酸化するとこびりつき、黒ずみの原因となります。

 

 

しかし、どんなお肌を目指している女性でも共通の悩みの種となるものは「毛穴」のスキンケアでしょう。

 

 

 

 

鼻の頭の黒ずみや、額や頬など広い部分の目立つブツブツの吹出物、毛穴が広がって目立ってきたなど、人によって気になっているポイントは違っても、スキンケアにおいて、重要なのは「毛穴が見えない、なめらかな肌にしたい!」という事が、女性の共通する願いではないでしょうか。

 

 

毛穴の黒ずみの原因といいますと、表面的には毛穴の凹面に汚れがたまって、その汚れが目立つというような単純なことではありません。

 

「毛穴のトラブル」の原因

 

黒ずみや吹出物などの大きな原因は、毛穴が開いて、その開いた毛穴にいろいろな不純物がたまったりすることから起きます。

 

【では、毛穴はなぜ開くのでしょうか?】

 

一番の原因は、毛穴が開くのではなくて、毛穴の開きの原因は「肌の乾燥」です。
 
つまり、肌が乾燥しますと肌が乾燥によってしぼみ、厚みを失うと、それだけ毛穴が目立つようになります。

 

 

毛穴が広くなるのではなくて、肌が乾燥して肌が縮むことによって毛穴が左右から引っ張られます。これによっても、毛穴の開口部がすり鉢状に開いて見えるようになります。

 

 

たとえはあまりよくないですが、地面の水たまりにできた泥の塊を見てください。水分がたくさんあるうちは。表面はなめらかになっていますが、乾燥して硬きなってきますと地割れができて、表面にひび割れができるようになりますね。

 

 

これと同じ現象が、あなたの肌に起こっているのです。

 

毛穴に汚れがこびりついて黒ずみができるのも、実は「肌の乾燥」が原因になっています。
 
あなたの肌は、いつも、肌を守るために表面には「角質」というものでおおわれています。

 

 

でも、肌が乾燥してきますと、肌表面にある角質が剥がれてきます。
 
 
角質は本来は目に見えるようなサイズではありませんが、乾燥がひどいと肉眼でも粉を吹いているように見えたりします。

 

 

このような肌を保護している角質が正常な状態でなくなると、毛穴は出口部分も角質によって覆われているので、肌が乾燥すると毛穴開口部の表面がカサカサになり、毛穴が開いた状態になります。

 

 

その開いた無防備な毛穴の中に、皮脂などの汚れがこびりつくようになります。また、毛穴の開口部にこびりついた油汚れが空気に触れて酸化し、黒く変色したものが毛穴の黒ずみです。

 

角栓が詰まることによって毛穴が汚れる原因

 

 

お肌の乾燥が、より進んできますと今度は「角栓」が詰まるようになります。

 

 

乾燥が進みますと、肌の表面から、肌を保護している角質が、ボロボロと落ちてくるようになってきます。
 
 
顔や体の場合は「粉ふき」などと言われ、頭皮の場合は「フケ」と呼ばれますがすべて同じものです。

 

 

身体や顔の角栓が、取れて来るようになりますとその取れた角質が、皮脂と合体して毛玉のようなものができてきます。
 
それを角栓といいますが、角栓が毛穴に詰まってしまうのが、汚れとなって取れなくなってしまいます。

 

 

毛穴の汚れは、クレンジングや洗顔などのよって、取ることはできても、また再び汚れができてきます。

 

 

このように、毛穴の開き・黒ずみ・角栓はすべて「肌の乾燥」が一番の大きな原因になっていますから、「毛穴汚れをしっかり落とせていないから黒ずみや角栓ができるのだ」と思っていると、取り返しがつかないことになります。

 

 

 

どうしても、肌の汚れや、鼻の黒ずみなどができると、何とか取り除こうと思うのはだれしも同じことですが、毛穴汚れを除去するタイプのケアは、すでにボロボロになっている毛穴をさらに磨り減らす行為でしかありません。

 

 

一時的に毛穴がキレイになったように見えても、ダメージを受けた毛穴はそれまで以上に荒れ、毛穴の開きや黒ずみが悪化するのは間違いないことです。

 

 

 

真剣に毛穴の黒ずみや角栓の除去を考えている方は、毛穴汚れの除去には絶対に手を出さないようにしてください。

 

 

毛穴の黒ずみや鼻の黒ずみケアでは、ただひたすらに「肌の乾燥」を改善することだけを考えてください。
 
「正しい毛穴ケア=乾燥の改善」ということを常に考えてスキンケアをしなければいけません。

 

 

 

「正しい毛穴ケア=乾燥の改善」

 

毛穴にまつわるお肌トラブルはどのようなものがあるのでしょうか。

 

1・毛穴が黒ずむトラブル

 

毛穴が黒ずむトラブルは皮脂の詰まりが原因の場合が多いです。表面の皮脂が酸化することで、メラニンが増えて黒ずみになっていきます。

 

 

 

皮脂分泌が多い20代に多く見られ、鼻、眉間、顎の中央にできやすい傾向があります。また、それに伴ってニキビなどのトラブルもできることがあります。

 

 

 

「皮脂分泌が原因の“黒ずみ毛穴”には、過剰な油脂分を肌に与えないことが大事ですが、若い方はどうしても皮脂分が多くなることがありますので、特に注意が必要ですね。

 

 

スキンケア用品は、油分の少ないさっぱりタイプものを選びましょう。特に、皮脂分泌を抑える効果があると言われる、ビタミンB2、B6、ビタミンC、ビタミンA誘導体などを含んだスキンケアがいいでしょう。

 

 

2・毛穴が開いて汚れがたまるトラブル

 

肌が乾燥してうるおいが不足して毛穴が大きくなるのが原因です。30代から40代の方に多く、肌のたるみに合わせて毛穴が下に開いていくことから、“たるみ毛穴”とも呼ばれています。

 

 

高濃度のビタミンC含有の化粧品がおすすめですが、ビタミンCは毛穴を引き締める効果があると言われています。

 

 

応急的な措置としては、皮膚科などで皮脂詰まりを取り除く処置、ピーリング、フラクショナルレーザーなど、症状に合った方法で毛穴をきれいにする方法がありますが、これらの根本原因は墓にありますので、また、再発する可能性があります。

 

 

 

毛穴にまつわるお肌トラブルで間違ったスキンケア

 

毛穴にまつわるお肌トラブルは、特に気になるものですが、間違った処置やスキンケアをしますと、さらに症状を悪化させることがありますので、注意しなければいけませんね。

 

●角栓除去パックを使用して、無理やり角栓をはがす

 

このようなスキンケアは、お手軽ですぎに効果が表れますから、意外と使われている方が多いようですが、一概に悪いとはいえませんが、普通の人の皮膚には少々強すぎる吸着力があるために、角栓がや汚れが取れますが、そのままにしておきますと、さらに毛穴を広げてしまうことがありますので、その後のアフターケアをしっかりしないと、さらに悪化する場合があります。

 

 

●先の細いものや毛抜きなどで角栓を抜き取る

 

 

毛穴の角栓や汚れは気になりますので、つい手頃な方法取りたくなりますが、毛抜きなどで抜き取る方法はとても危険な方法です。
 
 
抜き取った跡に、当然穴が開いてしまうわけですが、その穴に雑菌などが入り肌が感染して傷ついて一生消えない跡になってしまうことがありますから、絶対にしないでください。

 

 

●洗顔料などを使い無理に洗い流す

 

 

毛穴はとても小さいので、洗顔料でも目に見えるようなスクラブの粒が毛穴に入り込むことはありません。それを考えずに汚れや角栓をゴシゴシ洗って取り除く方法はやめましょう。
 
 
それを繰り返していますと、肌は硬化して柔軟性を失い、硬い肌質と“ひらき毛穴”を作ってしまいます。

 

そのような状態になりますと、改善するのとても時間がかかってしまいます。

 

■正しい毛穴ケアの方法とは?

 

正しい毛穴ケアとはどのように行えばいいのでしょうか?

 

 

「毛穴が目立つのには原因があるので、部位ごとに毛穴が目立つ原因をきちんと分析して適切なケアをすることが大切です。

 

 

毛穴のトラブルについては、特別なスキンケアをしなくても、日々の柔らかな洗顔をしっかりしていれば、自然にターンオーバーが改善して、何もしなくても元の状態になります。

 

 

気になるからといって、無理やりに毛穴の汚れを取ろうとしたり、角栓を取ろうとしたりすることは、避けましょう。

 

 

 

 

ターンオーバーが正常な周期で行われない場合

 

ターンオーバーが正常な周期で行われない場合に、未成熟な弱々しい角質が肌の表面を覆うために、未成熟な細胞は、痩せて小さく、乾くと硬く縮むため、毛穴の空間が大きくなります。これが毛穴の開いた状態であり、毛穴トラブルを進行・拡大させる根本的な原因です。

 

 

 

ですから、このようなトラブルは正常なターンオーバーが行われて、一つ一つの肌細胞がよく育ち、育った角質として完成するようになると、解決します。

 

 

 

このように、毛穴トラブルの解決は簡単のように見えますが、残念ながら多くの場合、表層の未成熟な角質が予定より早くはがれてしまい、まだ育っていない表皮細胞でも、早く角化させて、バリアー補強のために角質として送り出す必要に迫られるからです。

 

 


これでお分かりかと思いますが、未熟の角質細胞を早くはがれないように、お肌の管理やスキンケアをすれば解決するということです。
 

 

 

間違った毛穴ケアを行っていたという人は、今すぐ改めて、原因ごとに正しいケアを実践し、きゅっとひきしまった毛穴を取り戻しましょう!

 

 

 

 

ターンオーバーが正常な周期で行われるようにするには⇒こちらから

 

 

「正しい毛穴ケア=乾燥の改善」

 

美肌の大敵・乾燥とどのように対処したらよいか?

 

 

潤いのあり、ハリのあるお肌を作るのに最大の原因は、現代社会では避けることができない「乾燥」という大敵です。

 

 

乾燥はあらゆる肌トラブルの背景を作って、お肌にダメージを与える原因を作ります。

 

 

あなたのライフスタイルを考えてみてください。

 

 

夏や冬、そして湿気の多い梅雨時は快適なエアコンで生活。春や秋は快適な温度とさわやかに頬を渡る風はとても気持ちがいいものですね。

 

 

ところが、この現代生活の生活空間をお肌の立場から見ると、常に以上に乾燥した状態の中に常に生活しているということに気が付くことでしょう。

 

 

 

肌の乾燥が気になる日本人が、この30年で急増した背景には、上のような環境変化と、洗顔料の変化という2大要因があるといわれています。

 

乾燥した環境はお肌のトラブルを作る

 

◯ 乾燥した環境は、お肌をカサカサにしてモチモチ感をなくして、お肌を硬くしていく

 

◯ 乾燥した環境は、皮脂腺の発達していない部位で、肌荒れ、粉吹き、皮むけなどのトラブルを作る

 

◯ 乾燥した環境は、角質が乾くと縮み硬くなるので毛穴が拡がり、そこに汚れた油脂や酸化物が沈殿する

 

◯ 乾燥した環境は、毛穴壁出口付近が乾燥で硬くなるので、皮脂が押し出されず貯まるのでニキビの原因となる

 

◯ 乾燥した環境は、お肌を過敏症にして少しの刺激でもトラブルを起こす原因となる

 

 

前述したように、私たちのライフスタイルはどこにいても、乾燥するような環境に置かれています。そんな中で、間違った肌管理の考え方がさらに乾燥トラブルの追い打ちをかけているのです。

 

 

お肌は角質層によって、守られていますが、このバリアーを破壊するような肌管理をしていませんか?

 

■お風呂やシャワーなどで洗い過ぎや擦り過ぎによってバリアーを破壊している。
 
■スキンケアの不適切な洗顔料使用によってバリアーを破壊している。
 
■スキンケアの知識の間違いによって、不適切な化粧品を選択してバリアーを破壊している。
 
■入浴・洗顔の温度が高すぎることによって、バリアーを破壊している。

 

 

◯ 乾燥トラブルを守るスキンケアは⇒こちら

 

 

化粧水の保湿ケアだけで肌の乾燥は防ぐことができるか

 

最近の化粧水もいろいろな保湿成分の入ったものが増えてきましたので、化粧水をつけると肌がとても潤いが出たような気がします。また、脂性の方は乳液やクリームなどは脂分を含んでいますので、そういうべたべたするものを好まないという場合があります。

 

 

最近よくいろんなところに出てきますコラーゲンとかヒアルロン酸などのある程度保湿ケアができる製品が増えてきましたが、一時的には肌が潤ったよう気がしますが、コラーゲンとかヒアルロン酸などは肌から直接体内に取り入れることはできませんから、一時的な効果しか得られません。

 

 

肌の表面はいつも乾燥の空気にさらされていますが、化粧水などで水分を補給しても、肌表面だけが高い保湿能によってしっとり感があるだけで、乳液やクリームで、皮脂膜を強化しないと肌の水分はどんどん蒸発してしまい乾燥肌になってしまいます。

 

 

 

ですから、乾燥を防いで肌のターンオーバーを正常に保つには化粧水だけではできなということです。乳液やクリーム

 

やはり、油分を含んだ乳液やクリームを使用して、水分の蒸発を防ぎ、肌のターンオーバーを正常に保つことが必要なのですね。

 

 

クリームや乳液にはどのような油脂成分が使用されているのでしょうか?

 

 

植物油、動物油、ロウ類、炭化水素、高級脂肪酸、高級アルコール、エステル類が化粧品の油脂成分として使用されますが、それぞれに特徴があり、それぞれに乾燥からの保護の役目は果たせるものです。いずれが良いというものでもありません。

 

肌の保湿保護をするスキンケア商品

 

○○オイル、○○油など直接油を使用して、乾燥肌を保護するという面では、条件を満たしているでしょう。

 

 

でも、オイルのみの場合は、つけた感触や見栄えなどのことを考えると少し物足りないと感じる方もいるでしょう。

 

 

○ 肌の保湿保護をする乳液とは

 

一般的な方に使用できて、日常生活のいろいろな場合に乾燥から肌を保護することができます。

 

 

 

成分としては化粧品の役割と、クリームの役割を併せ持っているスキンケア商品で、通年を通して乾燥肌になることを防いでくれます。

 

 

不満な部分は、汗や水分などで簡単に取れてしまう性質ですから、クリームほどの保湿力や保護力がありませんので、持続性はあまりないでしょう。

 

○ 肌の保湿保護をするクリームとは

 

 

クリームの中には多くの脂分を含んでいますが、その脂分の入っている量によって、弱油性・中油性・高油性のものに分かれます。

 

 

 

当然、乳液などよりも保湿効果は高くなりますから、乾燥から保護する力も強くなり、水分の蒸発を長時間にわたって防ぐことができます。

 

 

脂分の多いクリームを使うか、少ないものを使うのかは、あなたの肌の状態に合わせて決めるとよいでしょう。

 

 

肌の保湿保護をするクリーム⇒こちら

 

 

べたつかず、感触も良くて、使い勝手がよく、肌を乾燥から守るスキンケア商品⇒こちら

 

 

毛穴の目立ち防ぐにはそれ目的のものでないと効果がない

 

毛穴はとてもちいさなものですが、毛穴の汚れを気にする方は多いと思います。

 

 

毛穴の汚れを取ろうとして、化粧品を選ぶ場合に、毛穴の汚れを取るとか、角栓を取り除くなどという効能が書いてある製品ならば、汚れが取れると思うかもしれませんね。

 

 

確かにこのような化粧品は、硬くなった角栓や汚れを取り除き保湿すれば、角質が一時的に膨張して毛穴も目立たなくなります。しかし、保湿の効果が薄れて角質の水分がなくなるとまた、元の状態に戻ってしまいます。

 

 

そして、再び同じ効果のスキンケアをすると、次第に角質が完全に育たない未熟なものになってしまい、さらにその状態を悪化させてしまいます。

 

 

 

でも使用する都度は良く見えるから続けてしまうのでしょうね。しかし、いつかは使えなくなります。

 

 

根本的なスキンケアは、お肌のターンオーバーが正常に行われて角質がしっかりしたものになれば、自然に毛穴がふさがり。汚れもなくなってくるのです。

 

 

お肌のターンオーバーが正常になるスキンケア⇒こちら

 

敏感肌には敏感肌用のスキンケアが良い

 

最近は敏感肌という言葉やたらとつかわれて、敏感肌って本当はどんな肌?と聞きたくなりますね。どこがどう敏感肌用なのだろうという不思議な製品もあります。

 

 

ある化粧品メーカーの調査では、自分は敏感肌、あるいは敏感なところがあるという方を含めますと、日本人のおよそ60%以上を超えてしまうのではないかと思っています。

 

 

このような敏感肌ブームに乗って、様々なスキンケア商品が出回っていますが、敏感肌用とはどのような化粧品を指すのでしょうか。

 

 

敏感肌用化粧品の定義

 

1・低刺激化粧品

 

2・敏感肌を改善する化粧品

 

ということになりますが、そもそも敏感肌にならないようにスキンケア―をすることが、根本的な敏感肌治療になると思います。
 
では、なぜ肌に必要以上の刺激が当たるのでしょうか。
 

 

私たちの肌は、生まれた時から外部のいろいろな刺激があっても、それを守るような仕組みが出来上がっているのです。

 

 

その仕組みが正常に働くなってしまった時に、外部からの刺激が直接肌の内部まで浸透して、いろいろなお肌のトラブルを起こすのです。

 

 

ですから、敏感肌になっしまった方は、スキンケアする時に化粧品は刺激が少なく、肌の真皮を傷めないものが必要です。

 

乾燥肌・敏感肌に効果がある化粧品ってあるの?

 

セラミドが入った化粧品は効果があるの?

 

敏感肌(乾燥性敏感肌)の改善に効果のある化粧品として、セラミドという成分が入った化粧品が効果があるというように言われていますが、本当にそうなんでしょうか。

 

 

私たちの肌はいつも、適度な水分と脂質によって、守られています。

 

 

外界の刺激のほこりや紫外線・有害物質などに触れますと、体調不良、生まれつきの肌質により、水分が不足してしまい、『乾燥肌』になることがあります。

 

 

乾燥肌になると、肌が持っている角質部分のバリア機能が衰え、あらゆる刺激が直接に肌を攻撃して、その結果、少しの刺激や体調不良やストレスで過敏に反応してしまう『敏感肌』になります。

 

 

では、乾燥性敏感肌に対して、効果があるといわれている 「セラミド」とはどのようなものでしょうか。
 
 

人のお肌は、表皮の部分にあります角質層という部分で保護されていますが、肌(角質層)は、『角質細胞』という細胞がたくさんくっつき合って構成されています。

 

 

この、角質細胞はの一つ一つは、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)という、接着剤の役割を持つ「セラミド」でつなぎ留められていますが、このセラミドが不足してきますと、肌のうるおいを保持する成分や水分なども、総じて減少していきますので、年齢を重ねるとともに、肌は乾燥しがちになっていきます。

 

 

 

では、セラミドを含んだ化粧品で、減少していく体内のセラミドを化粧品で補うことができるのでしょうか。体内のセラミドが減少するからといって、化粧品で肌に補ったとしても、体内まで浸透することはありません。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸が体外から吸収されないと同じで、セラミドも保湿効果はあっても体外から吸収されることはありません。つまり、セラミドは、体内ではなく、肌の上でしか活躍できないということになります。

 

 

セラミド配合の化粧品が、肌に悪いというわけではありませんが、セラミド自体は良い保湿効果がありますので、あなたの肌に合えば、セラミド入りの化粧品を使うのも一つの選択ですね。

 

 

結論としては、セラミド入りの化粧品が、特別に乾燥肌や敏感肌の効果があるというわけではないということですね。

 

 

乾燥肌&敏感肌専用セラミド入りスキンケア⇒こちらから 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。